ネットサービスとかGoogleとか豆知識とか。

Index > 世にも奇妙な物語 > 100円ショップで見かけた正直な少年のお話
世にも奇妙な物語
2008年03月05日 21:34

100円ショップで見かけた正直な少年のお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ... PV
スポンサード リンク

以前、近所のスーパーに行ったとき、こんなことがありました。

そのスーパーには3階に100円ショップのキャンドゥが入ってまして、生活雑貨はそこでよく買い物していました。

キャンドゥでは100円でない商品も売られていますが、値札がついていません。そのためレジの店員さんは100円の商品かどうかを区別する必要があります。

その日もいつものようにレジに並んでみると、中学生になるかならないかくらいの少年が、商品を1個買おうとしていました。

* * * * *

店員「105円です。(税込み)」

少年「・・・」

店員「・・・」

少年「これがですか?」

店員「え?あ、」(100円の商品でないと気づいてバーコードを読み取らせる)

店員「150円です。(税込み)」

F.Ko-Ji「(ほぉ、正直だなぁ・・)」

少年「・・・」

店員「・・・」

F.Ko-Ji「・・・?」

少年「50円足りません。

F.Ko-Ji「(苦笑)」

店員「キャンセルでよろしいですか?」

少年「はい・・・。」

* * * * *

少年よ、50円足りないんだったら105円の商品も買えないよ。