F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

F-09Aのヨコモーションはこれまでのヨコモーションとちと違う

富士通のケータイの特徴といえば右に左にディスプレイを倒すスタイルの「ヨコモーション」だったのですが、F-01A、F-03Aにはヨコモーションが搭載されませんでした。

そんなヨコモーションがF-09Aでは復活を果たしています。が、これまでのヨコモーションとはちょっと違います。

f09a-yokomotion.jpg

↑ F-09Aのヨコモーションはこうなります。

F905iやF906iでは「右にたおせばワンセグ、左にたおせばカメラ」といったような左右の機能の割り当てができましたが、F-09Aにはありません。F-09Aでは片方向のみ?

変形スタイルも、閉じた状態からまずスライドして縦にのばし、それから片方向のみに回転させるという2段階変形スタイルを採用しています。

# この記事はケータイ会議新製品内覧会に参加して書いた記事です。

FOMA F-09A F-08A ブロガー徹底レビューまとめサイト
FOMA F-09A F-08A ブロガー徹底レビューまとめサイトへ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など