F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

MacPortsでmemcachedをインストール

MacPorts で memcached をインストールした時の作業メモ。

今はコマンド1発で入るのねー。

$ sudo port install memcached

PHP から利用するなら PHP の Memcached ライブラリも入れる。

$ sudo port install php5-memcached

PHPで使う前提なら、最初からこの php5-memcached をインストールするだけで memcached もインストールしてくれたりするけど。

以下、自動起動設定のために plist を load しておく。

sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.memcached.plist

※ あっちに環境移行したいのだけど移行コストがでかいので惰性で MacPorts を使っている・・・。

参照: » Rob Wilkerson » Install memcached on OSX via MacPorts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著者について

fkoji

F.Ko-Ji

Webエンジニアやってます。最近は ドットインストール の開発がお仕事です。その傍ら、個人で Meity電車遅延なう梅酒.in#グラドル自画撮り部 の部室といったネットサービスを開発・運営してます。梅酒と草野球とリアル脱出ゲームが好きです。

» 詳しいプロフィールや運営サービスの一覧など